べじぱみゅ夏休みの超低レベル(謙遜ではなくマジで)工作シリーズ?

安室ちゃああああん!!!!

安室ちゃんファンの管理人よめめですが、引退ツアーグッズ?でこういうものを仕入れてきました。

グッズ

よくあるライト?なのですが、管理人よめめいわく、これが電池駆動なのが不満だそう。
たしかにそうですね。頻繁に持ち歩くようなものでもないし、ずっとリビングに置いて眺めるのであればコンセント駆動のほうがありがたいと思います。電池変えるの面倒だし。

というわけで、今回はこの電池駆動の安室ちゃんグッズを、コンセント駆動に変換(改造)してみたいと思います。先に最終完成品をお見せしておきましょう。

最終形態

こういう状態になります。電池は入れておらず、コンセントからの電力で駆動しております。
そして同じノリで、こういう状態にもできます。

ノートPCで起動

電源をUSB端子にして、(このブログを書いている)ノートパソコンの端子に刺して駆動。

以下、これの作り方を説明します。できることなら同じような安室ちゃんファン(おもに文系のアラフォー女子?)にマネしていただきたいので、この記事では電気の理屈は最低限にして、やり方だけ説明します!まずはコンセント駆動にしてみます。(USB駆動はそのオマケでできちゃいます)


そもそも何をすればいいの?

とりあえず、このグッズの電池の部分を見てみましょう。

電池入れるところ

裏の電池カバーを開けた状態です。単3電池4本が直列になっています。
今さらっと「直列」と言いましたが、それは電池が引っかかってる金具をみるとわかります。写真の奥川では左から2本目と3本目がつながっていて、手前側では左から1本目と2本目、そして3本目と4本目がつながっています。よって電池はこんな感じに接続されていることになります。

電池入れるところ(2)

乾電池1本は電圧1.5ボルトなので、4つ直列につなぐと1.5×4=6ボルトです。電池の電圧は「直流」なのでこのグッズは「直流6ボルト」で駆動されていることになります。

一方でコンセントの電圧「交流100ボルト」です。なのでそのまま、グッズの電池のところにつないでもうまく動きません(下手したらなんか危ないことが起こるので絶対にやめましょう!)。というわけで電気の細かい話は置いといて

交流100ボルト(コンセントの電圧)を、直流6ボルトに変換

してくれるモノが必要になります。逆に言うと、改造に必要な部品はこれだけです。(あとは美しく接続するためのもの)
「そんな部品知らない!」と多くの方はおっしゃると思います。でもこれ、そんなに珍しいものではありません。これです。

変圧アダプタ

パソコンやらゲーム機やら、身のまわりのありとあらゆる電子機器をコンセントにつなぐときに、皆さまはだいたいこんな感じのモノを使っていると思います。ちゃんと言うと「ACアダプタ」という名前で市場に出回っております。

機械オンチの方でもさすがに見たことはあるでしょうが、ただしACアダプタならなんでもいいわけではありません。ACアダプタにも「仕様」がいろいろあり、間違ったやつを使うとライトがちゃんとつかないばかりか、最悪の場合燃えたりします。というわけで次回から、その辺をマジメにお話していきます。よろしくお願いいたします。



はっぴぃ理系らいふ、いぇい
ヽ(・ε・)人(・ε・)ノ キミモナカマニナロウゼ
   

【文責 べじぱみゅ】