2次関数の「内訳」は?

というわけで、さっきの2次関数の「内訳」を考えてみましょう!
位置が2次関数で変化する、とはどういうことか。

もし「モノのスピードがずっと一定」なら、モノの位置は時間に比例するはずです。

速度が一定なら


こんな感じですね。
でも今回の結果は2次関数です。
このことをマジメにやろうとすると「微分」「積分」の話になっちゃうのですが、結果を言うと

位置が時間の2次関数ということは
速度が時間に比例して速くなっている

となるのです。
別の記事で延々と解説していますので、ご興味のある方はそちらをご参照ください。
このときの記事では、まさに「速度が時間に比例して速くなる」シチュエーションになっています。
(実はこの「積分」の記事自体、今回の記事の前フリとして書いたものです)

これで、さっきよりひとつ「深い真理」になりました。

一定の力で引っ張ると速度が時間に比例して速くなる

さて、ここに出てきた「速度が時間に比例して速くなる」という状況を表現するのに使うのが

加速度

です。その名のとおり「加速の度合い」です。
日常生活では扱わない量なので、最初はかなり抵抗があると思います。

「速さ」「速度」はわりとイメージしやすい量です。
(厳密には「速さ」と「速度」は意味が違うのですが、あんまり気にしなくていいです)
物理では速度の単位として「m/s」を使うことが多いです。
「1m/s」とは、1秒のあいだに1メートル進む、という速さです。

それに関連して加速度は「m/s2」という単位を使います。
速度の単位「m/s」を、さらに秒で割った単位になっています。
「1m/s2とは、1秒のあいだに速さが1m/sから2m/sに加速していることを表します。
(別に5m/sから6m/sに加速しても同じですが、ひとつの具体例として)

今回の実験結果は「速度が時間に比例して速くなる」でした。
これを加速度を使って言いなおすとこんな感じ。

一定の「加速度」で加速し続ける

速度が時間に比例している、ということは加速度がずっと同じ、ということです。
さて、もう一段階深い真理にたどり着きました。

一定の力で引っ張ると一定の加速度で加速する

これでだいたいのことはわかりました。
あとはこの「力」や「加速度」が「具体的にいくつか」を定めるだけです。

次回では「究極の真理」が完成します!

はっぴぃ理系らいふ、いぇい
ヽ(・ε・)人(・ε・)ノ キミモナカマニナロウゼ
   
【文責 べじぱみゅ】