つまらない仕事


これまでは人間関係についてメインにお話してきましたが、一番大事なのは「仕事内容」かもしれません。


あくまで個人的な意見ですが・・・

博士号は仕事内容そのものにはあんまり影響しません。
(少なくとも民間企業では。研究所とかでは違うかもしれませんが)
今の仕事は多少関係している気もしますが、特に脱走した前職の仕事はほとんど関係なかったと思います。

日本の、とくに民間企業では「博士号」が「資格」と認識されてはいないので「博士号取得者はこの業務」というガイドライン?みたいなものがありません。
(名刺出して「お~」と言われることこそありますが、業務の割り振りには直結しません)

業務自体にはそんなに効いてませんが、社内外で何かのプレゼンなんかをするときには
博士課程での経験が大いに活きていると思います。
博士号取得までには、学会発表や審査等でまあ多数の発表を課せられます。
やっぱりプレゼンは、やればやるだけ力はつきます。


メジャーかマイナーか

ちなみにワタクシの博士論文のテーマは、詳細には言えませんがかなり「マイナー」なテーマでした。
研究テーマにも、その分野でみんなが飛びついて熾烈な競争をしている「花形」の分野と、誰も目をつけない、モノになるか全く不明な「マイナー」なテーマがあります。

学会なんかで発表しまくって博士号を取るだけなら「マイナー」な分野のほうが明らかにやりやすいと思います。
たとえば謎の新規材料の研究とかなら、「すごい」ことをしなくてもその材料で「何かやれば」それがすべて世界初だったりしますのでね。
とりあえずなんかやれば論文になり、それを繰り返せば博士号がすんなり取れてしまいます。
ワタクシは博士号をかなりすんなり取れましたが、それはあまりに「マイナー」なテーマだったからです。

こういう「マイナー」なテーマ、博士号を取るにはやりやすいですが、その後の仕事にあんまり直結しないことが多いです。
「花形」のテーマだったらそのまま民間企業での開発テーマに直結することもあるかもしれませんが。

そんな事情だったので、ワタクシは博士課程の学生の頃から

今の研究内容を就職後にそのままやるのはありえない
この研究はあくまで「博士号を取るため」だけにやっている

と、割と冷めた目で見ていました。
(つまらなかったわけではなく、むしろすごく楽しかったです。楽しいけど役には立たないだろう、ってこと)
そのおかげで変なプライドを持たずに済んだのかもしれません。
研究テーマの選定は、なかなか自分で決めることはなく教授の指示で決まることが多いと思います。
でも、場合によってはその後の人生に影響することがある、というのを意識しておきましょう。


大学と企業はやっぱり違う!

誰が言っているのかよくわかりませんが、よく「博士は企業では使えない」なんてフレーズを聞きます。
実はワタクシもそれに同意なのですが、その理由のひとつが「あまりに先端研究志向すぎる」ということです。
別に「企業では研究したいのをぐっと我慢してショボいことをやらなければならない」と言っているのではありません。
(実際にそういう風に思っている博士の方がけっこう多いのではないでしょうか)

大学の研究は、とりあえず世界トップデータがあれば十分成立します。
ただ企業では、トップデータだけではダメです。
いざ製品をお客様に販売しようとすると、いろいろと気にしなければならないことが多いです。
その代表が「信頼性」です。
製品を「いかに壊れにくくするか」だったり「壊れ方を分析し根本対策を施す」なんてことを追求する必要があります。
どうしても大学では、製品が壊れる話を積極的に研究することはまれです。
(材料の破壊の研究などはありますが)

大学では何かの指標で「トップデータ」を出すことに重点がおかれ、「壊れにくくすること」「性能を安定させること」などは割とおざなりにされている気がします。

その結果?として、企業における開発においても「トップデータを出す」ことこそが至高であり「信頼性を上げる」ことは地味な扱いを受けていたりします。
ワタクシもお恥ずかしながら学生時代はそういう意識だったのですが、最初の会社で製品の「信頼性」を扱うことが多く、だいぶ考えが変わりました。
この「信頼性」トークはそれだけで膨大な量になるので別の機会にお話します。

とりあえず今学生の方は

企業では「トップデータこそ至高」という考えはやめたほうがいい

ということだけ意識しておくべきです。



博士は儲かる?

働く上では当然、給料は最重要ですね。
多くの企業では、修士卒よりも博士卒のほうが初任給を高めに設定しています。
ワタクシが最初に入った会社もそうでした。
でも実態としてはおそらく「年を食っているから」であって「博士号取得者だから」という意味合いではないと考えます。
「博士号を持っていると高給取りになれる」なんてことは絶対ない、と思いましょう。


どうでしょう、参考になりますかね?
次回はまた別の切り口で!





はっぴぃ理系らいふ、いぇい
ヽ(・ε・)人(・ε・)ノ キミモナカマニナロウゼ
   

【文責 べじぱみゅ】